風俗にいきまくって得た体験談を掲載しています。

負けたら終わりのトーナメント

投稿日:2016年8月11日

電話の応対がとてもよく、システムの説明もよどみがないのですんなりと私の頭の中に入ってきました。そんな気の良いスタッフがこれからすぐに案内出来る女の子を3人教えてくれたので、せっかちな私は当然この中から選ぶことになります。こういうときは、他のお客さんもいることで、いつ問い合わせの電話があるかもしれませんので、逡巡することなく、テキパキと決めなくてはいけません。たまに決めきらない人もいると思いますけど、そういう人は結果として選んだ物が良い方向に向かないことが多いようですよ。私もそのときのインスピレーションを大切にするほうなのですけど、そのときは珍しく2人の女の子のうちのどちらかで迷ってしまって、迷ったときは右、の法則で右側の女の子をチョイスしました。結果としてどちらも良い感じのデリヘル嬢だったので問題はなかったと思うのですけど、次があるからいいじゃないか、というよりもそのときをもっとも最高にしたいですから、言うなれば負けたら終わりのトーナメントの精神ですよ。

インコールをしないとどうなるのだろう

時間を決めて事務所にインコール。バスルームにお湯をためながら、しばしトーク。話しやすくて良い感じです。服を脱がしっこします。感じやすいようですでにおまんこが潤っています。キッスすると向こうからベロを絡ませてきます。バスルームでは密着洗い。私も、大事な所を重点的に洗ってあげます。混浴しながらイチャイチャ。ソープとは違うヌルヌルがいいですね。ベッドではデリヘル嬢と長めのディープキッスから徐々に下腹部へ・・舐めながら降りていき、おまんこに到着。良い声で鳴いてくれます。指入れすると、すごい締まり具合でクチュクチュ音をたてて掻き回すと軽く潮を吹いて逝ってくれたようです。攻守交代して攻められます。ディープキッスから全身リップを経て、金玉舐めからのジュルジュルフェラチオへ。気持ち良くなってきたので再度おまんこに指入れしたら、デリヘル嬢も腰を激しく振って応えてくれます。ガマンの限界が来て口内発射となりました。